ぴかぴか(新しい)バンクーバー滞在記、ブログの目次はこちらぴかぴか(新しい)

2009年05月21日

バンクーバー市内の交通機関について

トランスリンク社が市バス、スカイトレイン、シーバスを運行しています。
translink

Fare Zone Map
1ゾーン、2ゾーン、3ゾーンとエリアが分かれており複数エリアを通過することで料金が上がる仕組みになっています。

fare_zone_map_large.ashx.jpeg
Regular Fares
Zone Adult Concession
1 Zone $2.50 $1.75
2 Zone $3.75 $2.50
3 Zone $5.00 $3.50

ただし月曜日から金曜日の18:30以降、土日、祝日はどこでも1ゾーンエリアの料金で行くことができます。

トランスファーチケットは、各駅にある自動販売機で購入します。期限の時刻はチケットの裏に印字され、90分以内であれば何度でも利用可能です。チケットは通常のシングルチケット(Single Fare Ticket)のほかに、シニア、子供用の(Concession)、ゾーンの追加分を払う”Add Fare”があります。

The Expo SkyTrain line(エクスポライン)Skytrain.jpg
Burnaby行, New Westminster やSurreyへ。

The Millennium SkyTrain line(ミレニアムライン)
Burnaby や New Westminster 方面へコロンビアステーションまではthe Expo line同様に走ります。そこからニューウェストミンスター方面を回り、コマーシャルドライブステーションに戻りVCCクラークまで行きます。

The Canada Line subway
2009年8月17日開通されたカナダライン。Richmond と Vancouver International Airport までB-lineを使わずに行くことができます。
Canada_Line_Map.jpeg

Waterfront Stationから
YVR-Airport 26MIN
Richmond-Brighouse 25MIN
で行けます。
詳細はこちらをクリック
公式サイト

観光客向けに1日フリーパス(Day Pass)というのがあります。
All Zone、バス(buses)、スカイトレイン(SkyTrain)、シーバス(SeaBus)どれもOK。
Adult$9.00 Concession$7.00

通勤、通学される方はマンスリーパス(Monthly Pass)がお得です。

Adult
1 Zone $73
2 Zone $99
3 Zone $136
Concessions All $42

マンスリーパス(Monthly Pass)を手にしても、どの番号スクラッチするかわからない方はこちらへ!

たまに出かける方は、Fare Saverのほうがお得。約8枚分の値段で10枚綴りのチケットが手に入ります。このチケットのメリットは有効期限がないこと。ずーと持っていて損はしないと思いますよ。

回数券の場合、自動券売機の近くにある”Ticket Validator”という青いBoxマシーンに日付を打刻してから乗ってくださいね。

拡大地図はこちら
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

【The SeaBus ferry(シーバス)】SeaBus.jpg
North Vancouverのロンズデール・キー【Lonsdale Quay】まで約12分で行けます。シーバスのステーションはウォーターフロント駅と連絡しているので、乗り継ぎも大変便利です。市バス、スカイトレインからシーバスに乗り継ぐ場合は2ゾーンエリア(18:30以降、土日、祝日を除く)に入るので気をつけてください。
シーバスの時刻表

The West Coast Express commuter train(ウェストコースト・エクスプレス)】The-West-Coast-Express-Fare.jpg
Waterfront Station から Port Moody ⇒ Coquitlam Central ⇒ Port Coquitlam ⇒ Pitt Meadows ⇒ Maple Ridge ⇒ Port Haney ⇒ Mission Cityまで約45分で結ぶ通勤快速列車です。チケットは駅の プラットフォームにある自動販売機で購入します。
時刻表】【運賃表

【City Bus(市バス)】transilink-bus.jpg
市バスをうまく乗りこなすことがバンクーバーを効率よく観光するポイントです。

全体MAP
Transit System Mapsでそれぞれのエリアマップを見ることができます。よく利用するエリアを印刷して携帯すると便利ですね。

マンスリーパス(Monthly Pass)を持っているなら見せるだけでいいですがトランスファーチケットの場合はそれを清算機に通し、なければそのマシーンにお金を入れて購入します。バスの場合お釣がでないので、前もって小銭を準備しておく必要があります。

マンスリーパス(Monthly Pass)、一番のメリットはこれですね、

日曜、祝日に限り、このBus Pass(Monthly Pass)1枚につき、2人の大人(14歳以上)と子供4人(13歳以下)までの6人が無料で利用できるサービスがあります。
*Concessionsの場合はできません。

バスパスを持っていない友達とよく日曜日に出かけてました、お金を浮かすためにねexclamation×2


じゃぁチケットはどこで買うの?

TransLink_FareDealer.ashx.jpeg

このサインがあるお店で購入できます。例えば7-Eleven, Safewayやちょっとした雑貨屋さんなどで。London Drugsでも買えるらしいですがそこで買ったことがありません。

Translinkのサイトでバンクーバーの市バス、電車、シーバスなどの交通機関を確認することができます。こちらをクリック
電話604-953-3333へ電話して、各バス停ごとに5桁の番号が振られているので(バス停の標識に書いてあります)その番号を入力して時刻表を電話で確認することができます。例えば#54371などです。すごく便利ですので電話番号を携帯に登録しておくといいですよ!

注意むかっ(怒り)料金は変更される可能性があります、WEBサイトで確認されることをお勧めします。

このブログはランキングに参加しており、1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みになってます。このブログが役に立った、または楽しんで頂けたらクリックお願い!

↓↓↓クリックお願いしまするんるん↓↓↓



反応がない場合は↓のアイコンを、 デス。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村 カナダ留学ス クール.com
右⇒にあるアンケートもよろしくお願いします!
飛行機旅行の準備をされている方へ
海外旅行傷害保険の申し込みを考えている方に朗報です。海外旅行傷害保険付の三井住友VISAカードがなんと初年度年会費無料(一部割引)です!(通常1,312円の年会費が初年度無料になります。)そして留学をお考えの学生さん、“在学中は無料”です!!!もちろん旅行先のショッピングはカードでスマートに。私はバスの運賃を払う以外はすべてカードで済ませます。日本のコインより細かくて使いずらいですし、財布が重くなることが嫌なので。わざわざ現金を持ち歩く必要がありません。万が一の場合も“海外旅行先で日本語サポート”のサービスがあります。心強いですよね!
期間限定!最短1週間で発行の三井住友VISAカードはこちら!

季節や訪れる場所によって異なりますが、カナダは夏でも朝夕はかなり冷え込みますバッド(下向き矢印)。長袖のシャツやセーター、フリースなどは必ず用意しておきましょう。秋から冬にかけては天気があまり良くありません、曇りや雨がほとんどです。レインコートや折りたたみ傘も必要ですね。下にある私のおすすめのアイテムもぜひ参考にしてください!

おみやげなら事前オーダーで、かさばる荷物・お土産も気にせず手ぶらでラクラク!

参考サイト


posted by JINさん at 14:10| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。
Posted by 履歴書 at 2013年03月01日 18:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
その他カナダに関する情報はこちら! 人気ブログランキングはこちら!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。